伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

日本の現状

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年04月23日(金)

もう街中は、すっかり雪が解けて、めっきり春らしくはなってきましたが、今ひとつ気温が上がりません。

雪が解けてくれるのはいいことなんですが、雪に埋もれていたゴミが露われてがっかりすることがあります。

道端の空き缶などは、田舎の道路を走っているとよく見かけます。

今、北広島で仕事をさせていただいているのですが、現場付近の歩道の上に固形物のようなものが入った小さな袋がいくつも落ちていました。

よく見ると、犬のフンみたいでした。

雪深い冬の間に、心無い飼い主が捨てたものと思われます。

「飼う資格ねえべや」と大工さんたちも憤慨していました。

私が、最近公私にわたって懇意にしていただいているライフプランナーの方から、直接うかがったご本人のエピソードですが、ある一カ月間、史上最高のまさに記録的な自分でも信じられないくらいの営業成績を上げたことがあったらしいんです。

別にその時は、特別なことがあったわけではなく、普段と変わらない営業のやり方で普段通りに仕事を進めていただけということでした。

ただ、その頃心がけていたことが一つだけあって、必ず一日一回は、道などに落ちているゴミを拾うことにしていたということなんです。

それが原因で、記録的な営業成績を収められたかどうかはわかりませんが、とてもいいお話で、『陰徳』という言葉を思い出しました。

このような話を、もし犬の飼い主が聞いていたとしたら、はたしてそのような行為をしていたかどうか?とちょっと考えたりしました。

日本ハム、やっと勝った。主力の当たりも出てきたし、いい流れを作って欲しい。そのためにも今日勝てば変わるはず。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924