伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

冬のクルマ

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月15日(火)

今日は午後から、ここのところ食中毒で取り沙汰されている岩見沢へ行ってました。

会計事務所や社会保険事務所に書類を持って行ったり、エコポイントの申請なども行って来ました。

その途中、画像の光景に目を奪われてしまいました。

道路脇にハザードランプを点滅させて停められていましたが、まるで雪かきをしていたら、いきなりその姿を現したように見えます。

フロントガラスは雪で埋もれたままなので、どこか遠くから運転してきたということはないでしょうが、その場に放置されていたということもありえないと思います。

おそらく、近くに駐車していたものをウィンドウから身を乗り出して運転してきたというのが、一番可能性が高いと思います。

すべての用事を済ませた後、『麦』でコーヒーをいただいて来ました。「KAZZさん、ごちそうさまでした。」

いつも思うけど、ケーキをはじめ、良心的という言葉では片付けられないほど価格は、安いと思います。

まだまだ寒い日は続いていますが、それにしても日はだいぶ長くなってきたなあ、と思います。

大麻の夜

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月02日(水)

同業者の先輩Yさんから、「鴨鍋食べるのに二人じゃ少ないから伊藤さんも来ないかい?」という、たってのお誘い受け、大麻で飲んできました。

そのお店はYさんの行きつけらしく、『どんべえ』という名前で、焼き鳥と鴨鍋がかなり美味しい、ということでした。

画像の『中町商店街』のアーケードがなかなかいい風情を感じさせてくれます。奧に歩いている二人が同業者の先輩です。

中町商店街を歩いてみると、軒並みシャッターが閉まっていて、場末感たっぷりです。

わずかにシャッターが開いている数軒のうちの一軒が『どんべえ』で、期待を感じながら暖簾をくぐりました。

ところが生憎の鳥インフルエンザ禍で、鴨鍋の鴨が入らないということで、焼き鳥がメインになってしまいました。

今回の飲み会における私の存在理由が無くなってしまいましたが、焼き鳥の方は美味しく食べることが出来、会話もはずんで楽しいひと時を送れました。

先日の三笠も良かったですが、さびれた街の居酒屋で飲むのは、割りと好きです。

帰りはJRで、岩見沢で室蘭本線に乗り換えて1車輌のワンマンカーで由仁まで帰りました。こちらもかなりさびれた感があり、最果ての町に帰る気分でした。

『シンリンTV』

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月27日(木)

風呂に入りながら『文藝春秋』を読んでいたら、今月号の中の『秋元康の月刊日記』に、昔の仕事仲間に会って、その彼が自信たっぷりに『秋元、これからは林業だよ。新月の時に切った木は腐らないんだ』と言っていた、といういような件(くだり)がありました。

正確に云うと『冬の新月に木を切ると・・・』ということになっていて、以前、このブログでもそのことについて書かれた本を紹介したことがあります。

それにしても、秋元康の日記の中に「新月に木を切ると腐らない」の話が出てくるとは、ちょっとびっくりでした。

でもそれとなく秋元康のその友人を推定して、検索してみると『シンリンTV』というものがUSTREAMにあり、なんと1月29日に新月伐採の生中継をやることになっていました。

クリエーターが『新月伐採』に注目して、どこまで浸透していくか、今後が楽しみです。

また、今年2011年は『国際森林年』ということにもなっているそうで。。。

今朝の道新に、ニセコ町の許可制による水源地保護条例のことが一面を飾っていましたが、中国資本による森林買収に対する懸念もあり、別な側面から森林が注目される年になりそうです。

この冬は、

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月19日(水)

今日は、久しぶりに天候に恵まれ、仕事も予定通りに進めることができ、これでやっと、これまでのように雪に対してナーバスにならなくても済みそうになってきました。

今夜は晴れていて、明日が満月の月や星が輝き、その輝きがより一層寒さを感じさせてくれています。

画像は、今日の現場が終わったときに、満月かと思って撮影した月です。

この冬は、大雪のせいで、悲惨な事故が相次いだり、雪庇による巻き垂れで窓ガラスが割れてサッシ屋さんが忙しかったり、隣の屋根の雪が防雪フェンスを乗り越え、窓ガラスを破って茶の間になだれ込んだため、その補修工事の見積もりを頼まれたり、異常事態が頻発しています。

これだけ雪が多いと、太陽黒点の極小期による地球の寒冷化か?と思いたくなりますが、去年の夏のように黒点がほとんどなかったにも関わらず、異常に暑かったことを思い出すと、太陽黒点ですべてを占うわけにもいきません。

冬特有の西高東低の気圧配置によるものと云ってしまえば、それまでですが。

干し柿

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月18日(火)

一日の仕事が終わり、さてブログでも書こうかと思ってパソコンに向かいましたが、なかなかネタが浮かんで来ません。

今日は、比較的天気には恵まれた方でしたが、連日の除雪疲れもあるし、雪のことは何度も書いたので、ちょっと雪をネタにして書く気も起きないので。

そこで思い出したのが、これです。干し柿です。

 

私の父親であるウチの会長は、宮城県の出身でして、兄弟の多くが今も宮城県に住んでいます。

先日、その内の一人である叔母から小包が送られて来て、その中に自分で作った干し柿が入っていました。

この干し柿、甘くて美味しいのですが、ちょっとだけストレスを感じるんです。

市販されている干し柿に比べるとタネが多くて。

試しに、何個入っているか数えてみました。

7個のタネが入っていました。ラッキーセブンです。無理矢理ですが、ブログのネタにもなったし。

テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』じゃないけど、これこそが本当の『ネタのタネ』だったりして。

やっぱり、除雪疲れかな。。。。。

雪また雪、佑樹また佑樹

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月16日(日)

由仁ではあまりの雪の多さに、「こんなの今まで無かった」とか「史上最高の降雪量」とまで言われています。

昨夜から今朝にかけても相当量の雪が降り、今日も雪かきから現場は始まりました。

今日は日曜日ですが、明日の予報は「猛吹雪」と言われているので、それを見越して明日を休みに振り替えてみましたが。

果たして予報通り吹雪になるか、それとも思い切りはずれて大したことがないかは、賭けみたいなもので、いくら考えてもなるようにしかなりません。

この冬は、北、中空知は雪が少ないらしく、その雪が南空知に押し寄せている、と近所のおじさんが云っていました。

もうピークは過ぎた、と思いたいです。明後日からは、例年通りの冬に戻ってくれることを期待しています。

『雪の神様』、もういい加減、勘弁してして下さい。

画像は、ウチのカーポートです。見事に雪が垂れ下がっています。もちろんここまで雪がのっかったことは今までありません。

テレビでは、斎藤佑樹の一挙手一投足が、連日報道されていますが、球団も少しは報道規制してあげたらどうなのかと思っています。

天気予報

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月13日(木)

今は、もちろん由仁もピンポイントで天気予報を知ることが出来ます。

しかし、これが当たらないんです。

今日も、その予報では「くもり」になっていたので、そのつもりで予定を立てていましたが、「大雪」のため思い切り狂ってしまいました。

つい先日も同様なことがありました。

ピンポイントで見ない場合、由仁は「空知」に属してはいますが、経験的に、岩見沢よりも苫小牧の予報が適することが多いです。

しかし今シーズンは、危険側の岩見沢の予報を見たほうが無難みたいです。

どうしても希望的観測が働いて、雪の少ない苫小牧を重視しがちですが、ことごとく違っています。

今朝の新聞によると8日から11日までの由仁の降雪量は105cmで、岩見沢も105cmと全く同じらしく、「ありえない」ことが起きています。

最近は、天気予報のサイトやアプリがいろいろありますが、それによっても違っている場合があるので、本当に判断が難しいです。

やはりNHKの夕方6時50分台にやっている天気予報が、「由仁」はありませんが、地域も細かいし、最も信用できる気がします。

それによると明日は、雪は降りますが、一時的なもので済みそうです。

また明日も現場は、雪かきからスタートです。

雪また雪また雪・・・・・

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月11日(火)

三日間休むことなく雪が降り続きましたが、昨夜の天気予報を見たら、昨夜から今日にかけて『曇り』の予報だったので、仕事を始めるにあたって、「やっぱりオレは持ってるな」と安心しながら、眠りにつきました。

ところが今朝起きてみてびっくり、猛吹雪で、外に出てみると、昨日雪かきをしたはずなのに、ひざまで雪が積もっていました。

結局、今日も除雪を行い、材料を搬入するだけにしました。

今朝は、岩見沢や札幌は晴れで、運転手さんに聞くと帯広も晴れていて、どうやら由仁、栗山付近だけ、天気が荒れていたみたいです。

午前中で作業を終了しましたが、午後からは雪が止み、青空さえ見えて来ました。

テレビのニュースではどこも、斎藤佑樹の入寮のことを取り上げています。

「オレ、持ってないのかな。。。。。」とやるとオチは決まりますが、認めるわけには行きますまい。

今日のニュースでは、ランドセルが施設に贈られたりして、タイガーマスクのことも取り上げられていますが、できればブームで終わらずに、ずーっと続いていけばいいのになあ、と『伊○○人』として思っています。

雪かき

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年01月10日(月)

三日間、ずっと雪が降り続いて現場はすっかり雪で埋もれてしまいました。

明日から大工工事が再開されるので、今日は除雪をしましたが、建物部分だけでなく、材料置き場も確保するため、かなりの作業になり、4人で4時間以上かかりました。

隊長の事務所に現場が近いため、タイヤショベルをお借りし、さらに家庭用の除雪機も動員できたから、半日で終わりましたが、そうでなければ、1日では終わらなかったでしょう。

だいたい60cmは積もっていたと思います。

もうかなりの量が降ったので、願わくば今週だけでも降らないで欲しいですが、週刊天気予報を見ると、まだまだ雪マークが続いています。

現場の除雪が終わった後、ついでに近所にある私の家の前の除雪をしていたら、お隣の一人暮らしのおばあさんが雪かきを始めたので、見かねて、手伝うことにして、ウチとの境界のあたりの雪は、遠くまで運ぶのは大変だろうと思い、「ウチの方に投げていいから」と云ってあげたんです。

すると、「息子呼んでくる」と云って、一旦家に戻って行き、「なんだ、息子さん帰って来てるんだ」と思ったら、息子さんだけでなく、婿さんや、さらに孫二人が出てきて、5人して一斉にウチの庭に雪を投げ始めました。

今さら「やめて」とも云えず、「灯油タンクの給油の通路だけは確保してね」と引きつった笑顔で云うことしかできませんでした。

メリークリスマス

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年12月24日(金)

クリスマスといってもフツーの一日です。

お察しの通りです。

ただ、今日もフツーに仕事をしましたが、もしかしたら新しいステージの幕開けの日になったかもしれません。

まだ正式には何も決まっていないので内容はヒミツですが、とてもワクワクした気持ちになることができ、この調子でこれからも仕事をしていければと思っています。

正直に云ってクリスマスネタがないので、去年の12月24日のブログは何を書いていたのかを振り返って見てみると、案の上、ネタに窮した話題でした。そういう意味では、本当に変わりばえがありません。

画像は、Y氏の隣人さんの奥さんが作ったクリスマスカードで、なんと大通りのミュンヘン・クリスマス市で売られています。

是非、そちらでお買い求め下さい、と云ってもミュンヘン・クリスマス市は今日で終了でした。

今日はイブだし、家に帰って風呂に入って、本でも読みます。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924