伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

年頃

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月04日(木)

このブログに毎回のように書き込んでくれている“アルファ”コメンテーターの隊長さんの書き込み時間は、大抵は午前4時台になっています。

昨夜は、前日にお招きいただいたTさん宅でのバーベキュー会の飲み疲れもあり、珍しく11時にベッドに入りました。

すると、今朝目が覚めたのが3時半で、やっぱり自分も、そういうお年頃ということに改めて気づかされました。

それにしても起床時間が少し早い気がしていますが、現実を受け入れることにします。

ウォーキングには出かけませんが、運よくアナログ放送が終了してくれてテレビも見られないし、まあ見たところでテレビショッピングしかやっていないでしょうが、出勤までの時間を有効に使ってみようと思います。

もしかしてこの時間に起きているのは、隊長と自分だけ?ということはないでしょうが。

おススメはしませんが。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月26日(火)

以前、このブログで宿酔いの時に、好んで食べるものを紹介したことがありますが、宿酔いにならないために、たまに対策を講じることがあります。

次の日に大事な仕事がある時や、お酒に飲まれてはいけない時などはそうします。

対策を講じると云っても、クスリを飲むだけですが。

ウコンとかがよく売れているみたいですが、いったい何が一番効くか?私なりには結論が出ています。

昔は、ハイチオールCを飲む前に飲んでいました。酔っぱらうタイミングが遅れるし、翌日のヌケも良かったと思います。

ドリンクタイプのペパリーゼもススキノに行った際は、薬局に立ち寄ってよく飲んでしました。

今一番効くと思われるのが、これ、グッドA錠です。

ある時、すすきの近くの薬局に飛び込んで、店のおじさんに「宿酔いしないためには、何が一番効くの?」と聞いた時に出されたのがこのグッドA錠でした。

飲む前と飲んだ後に5,6錠ずつ飲むと、次の日に具合が悪くなることはまずありません。

効き方には個人差があると思いますが、関心のある方は、勝手にお試しあれ。

ただ、置いている薬局は限られていると思います。

そういえば、この薬を教えてくれた薬局は消えてしまって、今は新しいビルが建っているけど、どこへ行ったのかな?

友情

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月15日(金)

近所のラーメン屋『よしめん』で、お気に入りのチャーハンとギョーザを食べながら、2、3週間前の『週刊現代』を読んでいました。

ここのところ、巻頭は原発関連の記事が占められていますが、その辺りは斜め読みして先に進んでいると、後ろの方に『長寿と性格』というタイトルの記事が載っていました。

出典は、アメリカで話題になっている医学ノンフィクションということで、「真面目な人ほど長生きできる」らしく、結婚生活と寿命との関係についても書かれていました。

スタンフォード大学の教授が長年に亘って追跡調査をしたデータにもとづいたものだそうです。

その中で興味を引いたのが、男性の婚姻暦と寿命との関連性で、簡単なランキングが出ていました。

1位 生涯一人の女性と連れ添った男性

2位 生涯独身を貫いた男性

3位 一度は結婚するも離婚してしまい、再婚しなかった男性

もちろん1位が一番長寿で、3位がもっとも短命ということになっています。

1位の人間にとっては、特別何も感じないかもしれませんが、2位になるか3位になるかで、当事者にとっては大きな違いがあります。

それで、現時点で2位の私は何を云いたいかというと、この場を借りて、ひとこと言わせていただきます。

隊長へ、オレへの心配はいいから自分の心配をしてください。

一回結婚しているからって、アドバンテージ感じている場合じゃないですから。

ダルビッシュモデル

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月07日(木)

効いているんだか効いていないんだか、よくわからないものに磁気ネックレスの類があります。

私も今まで、2本ほど首にしていましたが、正直、肩こりが劇的によくなったとかという実感はありません。

ファイテンの販売店で、水の入ったペットボトルを持たされて体感させてくれて、「軽くなってません?」と聞かれても、「ええ、まあ」としか云えません。

おそらく石川遼の『コラントッテ』も同じでしょう。

だったら私は迷わず、ダルビッシュモデルを選びます。

2011年のダルビッシュモデルになります。

これで3本目です。

今回のモノは、ファイターズカラーだし、汚れが目立たなさそうで気に入っています。

これもヤフオクでゲットしました。

レスベラトロール

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年06月20日(月)

先日、NHKのドキュメンタリーが「サーチュイン遺伝子」という長寿遺伝子を取り上げていて、そのサーチュイン遺伝子の働かせ方について解説していました。

サーチュイン遺伝子を活性化させるためには、低カロリーの食事が必須で、腹八分目か腹七分目の食事を心がけることが大切だそうです。

また、食事の取り方以外には、レスべラトロールという抗酸化物質を摂取することでサーチュイン遺伝子を活性化させることもできるということです。

レスべラトロールはポリフェノールの一種で、ブドウの果皮や落花生の種皮に含まれているそうです。

テレビに影響されて、レスべラトロールが気になったので、早速ヤフオクで安く手に入れようとすると、その直前に即決されていたものがかなりありました。

世の中には、似たようなことを考える人間がいるものです。

結局、安価なものは無くなってしまっていたので、マルチサプリメントのレスべラトロールが含有されているものでリーズナブルな価格のものを入札することにし、落札することができました。

ここ数日、続けてそのサプリを飲んでいます。

今朝も飲みましたが、吐き気と頭痛がし、午前中は具合が悪くて全くダメでした。

原因がそのサプリにあるとは言えませんが、タブレットそのものが大きくて臭いもきつく、飲み辛いものではあります。

それでも私は、明日もレスベラトロールの効果を信じて飲むことでしょう。

たまにスーツを着ると。。。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年05月09日(月)

今日は午前中、役場で入札があったので久しぶりにスーツを着、夕方にも中小企業家同友会の例会があったので再度スーツを着ました。

工務店の社長でも、もちろんスーツを着ている人はいますが、私は普段着ることはほとんどありません。

たまにスーツを着るのも気分が変わっていいですが、今日は新たな発見がありました。

ウェストがきついんです。

ホックが、かからないわけではないですが、結構ヤバいかもしれません。

『ももひき』を脱いでいて良かったと思います。

今まで『Y氏の隣人』さんのことを笑っていましたが、他人ごとじゃなくなってきました。

やはり歳とともに代謝が落ちているということでしょう。

今後の対策として、とりあえず間食は極力控えることにします。

体重計にも朝晩必ず乗ることにします。

しかし、かれこれ3,4年は放置したままのエアロバイクがありますが、まだ漕ぐ気にはなっていません。

最近のマイブームだった『プロ野球ポテトチップス』は、内容量は少ないですが、その割にカロリーは高いし、食べる時間も良くないので、やっぱり止めざるをえないでしょう。

玄米

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年04月30日(土)

ここ一ヶ月くらい、晩ごはんに玄米をいただいています。

以前にも玄米を長期間食べていたことがあるので、ある意味ベテランだと思っています。

玄米は食べればいいというものではなく、注意すべきことがあります。

それは、よく噛まなければならないということです。

私の食べ方は、親指くらいの玄米が一口分で、一口につき80回噛むことにしています。

いちいち数えているのかというと、数えています。

ただ声には出さないで、「いーち」と数えている間に4回噛んで、20まで数えています。

最初は面倒くさいかもしれませんが、慣れるとなんでもありません。

玄米にしてからは、やはりお通じの調子はかなりいいです。

回数はもちろん、見た目や大きさが理想的なもので、機会があればご覧に入れて差し上げたいくらいです。

今度、このブログに写真をアップしようかしら。。。

健康診断

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年04月28日(木)

二年ぶりに健康診断を受けて来ました。

40歳を過ぎると人間ドックに入るべき、と隊長さんからのアドバイスがありましたが、やはり商工会主催の健康診断だけでは、簡易的過ぎるかな、とは薄々感じています。

血液検査や心電図、X線の結果はまだ先なのでわかりませんが、その場でわかる検査においては、さほど変化は無かったと思います。

血圧が上がってないか、ちょっと気にしてはいましたが、相変わらずやや低い方で、安心しました。

ただ、体重が、20代の頃からは10キロ増え、身長が7ミリ低くなっているという現実には、遺憾にさえ感じています。

午後6時から、札幌の福井コンピュータさんの事務所でアース21の広報委員会があり、帰りに福井コンピュータのM谷さんのおススメの『ラーメン大将』の肉チャーハンをいただいて来ました。満足はしましたが、ボリュームがあり過ぎて、20代のM谷さんの好みを真に受けてしまった自分を反省しています。

デコポン

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年03月08日(火)

デコポンが大好きです。私にとっては冬のフルーツの横綱です。

「そういえばこの冬になって、まだデコポンを食べてないな」と思い、スーパーで買ってきました。

1個98円でした。

高いものになると1個398円で売られていますが、98円のものでも見た目は悪いですが、十分美味しいです。

デコポンに似たかんきつ類で、『せとか』というものがあり、なんと1個で700円以上の値がついています。ちょっと手を出す気はしません。

デコポンを初めて食べたのは、草津で湯治をしている時でした。

厳格な食事制限と過酷な湯治生活を送っている中では、ストレスのはけ口は食事しかありませんでした。

どれだけ食べても、太ることは無く、お腹いっぱい食べていても3ヶ月で7,8キロはやせました。

草津町には、『木兵衛』というスーパーがあって、お湯の帰りにはそこで自炊用の食材を買うために立ち寄り、デコポンが安売りしている時は、10個くらい買っていたものです。

草津に行かなくなって三度目の冬を過ごしていますが、デコポンを食べると草津の思い出がよみがえります。

『しの』の定食や『五郎次』のパンは、最高のご馳走でした。

一緒に頑張った湯治仲間やお世話になった湯長さんたちのことも思い出します。

もう草津であれだけ長く湯治するのは無理だろうな。身体は草津のお湯を欲しているけど。

♬ 草津恋しと海山越えて ハードッコイショ 会いに来たかよ コーリャ 山燕よ チョイナチョイナ 

ちなみに私にとっての夏のフルーツの横綱は『パッションフルーツ』です。

マスクマン

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月09日(水)

ここ数日、家に居る時以外はマスクをしています。

実のところ、インフルエンザかどうかははっきりしてませんが、他人にうつさないためには、これくらいしかできません。

私の場合、工事中に使用する防塵用のマスクをつけていて、マスクをしていると、メガネが曇っちゃうんです。

これって、何かいい方法はないもんですかね?

今朝のNHKでやっていましたが、今年のインフルエンザは体温が低めで37度台のケースが多く、ウィルスが肺で繁殖するため、鼻の中に綿棒を突っ込む簡易検査だと、反応が陰性になってしまうことが多いということでした。

しかも体温も低く、検査も陰性のため、インフルエンザの診断をされないで、肺炎で亡くなってしまった方までいると云っていました。

私の場合も37度台を推移し、検査も陰性だったので、ちょっと心配になって、薬も切れたことだし、もう一度病院へ行って来ました。

予想に反し、お医者さんからは、もう薬なしで体力で治していこう、と言われ、ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、ともあれ良くなっているみたいなので、めでたしめでたし、ということでしょう。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924