伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

念願の

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月28日(木)

以前、春先の住宅建築業界の展示会で、建築材料として使われている防水透湿シートで、熱を反射する効果がある商品名『タイべックシルバー』でできたジャンパーを紹介したことがありました。

その時、抽選ではずれたため、ゲットできなかったことをこのブログで書きました。

それが、アンケートに答えた御礼として、先日送っていただきました。

暑い日に届いたので、着る気は起きませんでしたが、裏地が熱を反射するシルバー部分で、リバーシブルではないけれど、裏返しに着てシルバーを外側にすると、涼しくなるはずなので、実際にシルバーを表に出して着てみました。

裏返しなので見てくれも悪いし、真夏にジャンパーを着ているのは明らかに変なので、長い間着用できず、イマイチ実感は伴いませんでした。

秋になれば活躍してくれると思います。

この場を借りて、担当者の方にお礼を申し上げます。

ありがとうございます。

アース21住宅セミナー

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月16日(土)

以前、このブログでも紹介した『アース21住宅セミナー』が苫小牧で開かれました。

アース21にとっては、初の試みの市民セミナーで、どれだけ出席された方が満足されたかはわかりませんが、プロの端くれである私でも勉強になりました。

「家を建てる上での会社の選び方」と「光熱費が安くなる最新の住宅ECO設備」についての二本立ての講演がありました。

大手ハウスメーカーでは、払うお金の中のけっして少なくない額が広告費に費やされていることや、業績が悪ければその地域から撤退してしまうことなど、大手メーカーの『あるある』話が聴けました。

住宅設備については、私も何にするか迷うところで、イニシャルコストとランニングコストが選択する上での決め手になりがちですが、さらにもう一つメンテナンスにかかる費用も重要なファクターに入って来ることを忘れないようにしましょう。

会場では、珪藻土塗りの実演も行われ、なかなか好評だったようです。

由仁に帰ってからは、毎年8月24日に開催される『三川地蔵まつり』の会議に出てました。

今夜は雨が降っているだけでなく、夏とは思えない寒さです。

市民セミナー

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月05日(火)

7月16日(土)、苫小牧で、工務店グループのアース21による市民セミナーが開かれます。

住宅を建てる上で、どのような会社を選ぶべきか、迷うところだとは思いますが、そんな方には一筋の光明が射すような話が聞けると思います。

また暖房機器や給湯機器など選択肢がたくさんあって、光熱費を抑えるにはいったい何を選んだら良いのか、そこでも大いに迷うところでありますが、最新のエコ技術が学べて、ベストの選択をするために必要な情報が得られることでしょう。

参加費無料で、オリジナル雑誌他の特典もあります。

限定50名様、7月9日が締め切りとなっています。

当日、私は、会場でスタッフとしてどこかにいますが、グループの仲間がセミナーでどのような話をしてくれるのか、非常に楽しみにしています。

会場には、住宅設備関連会社によるブースも設けてあり、セミナー終了後には相談会も実施します。

総会とか会議とか。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年06月17日(金)

今日は午後から札幌で、北方型住宅ECO推進協議会総会に出席し、それに引き続いて北海道R住宅事業者ネットワーク総会に出席して来ました。

前者は、去年まで長期優良住宅先導事業「北方型住宅ECOプラス」の新築住宅を建てることで、200万円の補助金が出ていたもので、今年度はどうなったのかな?と思っていたら、さらに性能を上げて国に提案する模様です。これから採択されて、実際に工事ができるのは、秋以降になりそうですが。

後者は、リフォーム工事で、一定の耐震性能と省エネ性能、バリアフリー性能をクリアすることで、最大200万円までの補助金が与えられるものです。ウチは、今年度初めて参加することにしました。

二つの総会が終了後、アース21の広報委員会の会議が行われ、7月16日(土)に苫小牧で開催する『アース21住宅セミナー』の最終打ち合わせをして来ました。

家に着いたのは、意外に早く9時過ぎでしたが、なるべく早く寝て、明日に備えます。

札幌版次世代住宅基準

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年06月11日(土)

NPO法人 パッシブシステム研究会の総会に出席して来ました。

総会後に行われた特別研修会で、「札幌版次世代住宅基準」の説明がありました。

地球温暖化対策に向けての札幌市の具体的な取り組みになります。

ハードルはかなり高いと言えます。

グレードは4段階に分かれていて、一番低い『ベーシック』が、長期優良住宅の北方型ECOのスペックになっています。

一番上の『トップランナー』になると、外壁断熱は、高性能グラスウール465mmの厚さが求められ、C値は0.5、Q値は0.5の世界的に見ても最高水準のレベルになっています。

中期目標として、2020年には、100%の新築住宅が札幌版次世代住宅基準をクリアすることが掲げられています。

この基準は、札幌に限られたものですが、この流れは全道の住宅にも波及していくことでしょう。

がんばらなくっちゃ。

いいな、これ

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年04月21日(木)

住宅保証機構の方が、これを室内のあっちこっちに当てていたので、「何ですか?」と聞くと、含水率計ということでした。

木材に差し込んで計測する含水率計は知っていましたが、これは上部の三つの金属部分を当てて計ります。

製品名は『delta 200XL』、日本製らしいです。

当てるだけで測定できるので、木材だけでなく、室内壁等の湿り気具合も正確にデータをとることができます。

ネットで検索してみましたが、価格までは調べ切れませんでした。

工務店業界のみんなは知っているのかな?

今週は、月曜日、水曜日と私が所属している『会』の総会があり、お約束の飲み会も付いていたので、今日の私は、少しお疲れモード気味です。

そのせいか、お肌の潤いも少なく、乾燥している感じがして、今思えば、自分のお肌の含水率も測ってもらえばよかったと思っています。

今じゃ、ガイガー探知機も必要か。。。

展示会ネタは後日

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年03月10日(木)

今日の午後、お客様のご用命により千歳で土地探しをしていました。

不案内なので、知り合いにいただいた情報を頼りにして。

昨年出版されたアース21の雑誌のコンテンツで、土地についての座談会の司会を務めさせていただきましたが、その時に都会と田舎では大きな違いがあることに気づかされました。

それは、『学区』です。主に小学校の。

田舎にいると農家が多いため、土地探しで悩むことが少ないですし、ましてや学区が変わってしまう問題に直面することはまずありません。

そのため座談会で、学区が土地選びにおけるキーワードであることを聞かされた時は、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

お陰で、今回、「学区が変わらないことが第一条件」ということ聞かされたときも「ほら来た」という感じで、違和感無く、聞き入れることができました。

今回の学区は、都心部にあり、さらにハウスメーカーがかなり開発してしまっているため、空いている土地は限られていますが、なんとかいい物件を見つけたいものです。

今年は、千歳も雪が多かったみたいで、路地はかなり狭く、行き止まりには閉口しました。

以上、今夜はこのようなブログが降りて来ました。

展示会でネタを探す③

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月26日(土)

トーヨーキッチン社のダイニングテーブルやカウンター用のイスです。

トーヨーキッチンはセレブ向けの流し台のメーカーで、広めのダイニングキッチンが必要になり、価格も高く、なかなか採用するお客様はいませんが。

右のイスは、足は木ですが、座面は便器のように陶器でできています。コンセプトは「『アルプスの少女ハイジ』で、乳しぼりをしている人が座っているイス」というようなことをメーカーの方は云っていましたが、私にはそのシーンを思い出すことができませんでした。

それでもお尻がフィットしていて座り心地はよく、姿勢もよくなる感じがしました。

左のイスは、座面はステンレス製で、こちらも右のイスと同様にお尻がフィットしてとても座りやすかったですが、私は右の方が好きです。

私の家には、籐の骨組みに大きい丸いクッションが乗ったシングルソファがありますが、ほとんど毎日、帰宅するとその上で寝てしまっています。今夜も気がつけば11時50分でした。(^▽^;)

展示会でネタを探す➁

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月25日(金)

住宅に欠かせないもので、外壁の下地に貼る「防水透湿シート」というものがありますが、その中でその代名詞にもなっているくらい『タイベック』という商品が浸透しています。

通常使われているタイベックのグレードアップしたものが『タイベック・シルバー』というもので、夏は屋外からの輻射熱を反射し、冬は室内からの放射熱を抑えるらしく、その違いは2℃もあるということです。

その『タイベック・シルバー』を生地に使ったウィンド・ブレーカーがメーカーのブースに吊るされていました。

その場でアンケートに答えてくじを引いて『当たり』が出るともらえるということだったので、チャレンジしてみましたが、残念ながら結果は『はずれ』でした。

気を取り直して、会場を見て廻っていると、インフルエンザから復活されたアース21の先輩、O本建設のO本さんに会いました。

O本さんは、タイベックシルバーのウィンドブレーカーをゲットしたらしく、そのウィンドブレーカーを見せてくれました。

私もタイベックシルバーを着ることで、その性能を体感してみたかったです。

裏返して着れば、夏はきっと涼しいんだろうな。

アース21 札幌例会

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年02月17日(木)

16日、17日の2日間に渡って、北海道の工務店グループ『アース21』の札幌例会に参加してきました。

1日目は、メンバーの完成物件や工事現場を5つほど、見学させていただきました。

毎度のことながら今回もまた、すべての物件が、もちろんいい意味で個性が光っていて、刺激を受けて来ました。

2日目は、座学で、『住宅のトラブルに関する対処法について』その方面では北海道の第一人者と言われている弁護士の石川先生の講演がありました。

様々な事例の話があり、この仕事の責任の重さを改めて感じる機会になったと思います。

一番下の写真は、1日目に現場を回っている時に偶然見つけた、とある教会の掲示板に貼り出されていたものです。

「つぶやきの多い人に、幸いはありません。」とあります。

この場合のつぶやきとは、独り言をブツブツとつぶやくことを指しているのだと思います。

別にツイッターを否定したり、ブログで日常の出来事を記して自己満足している人のことを云っているわけではないと、私は解釈していますが。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924