伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

最近、80年代多くない?

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年10月09日(土)

最近、1980年代の音楽を扱った番組が多いような感じがしてます。

何曜日に放送されているかは覚えていませんが、でもたしか一昨日だったと思うので木曜日かな?NHKで、80年代の音楽のビデオクリップを、俳優の高島政宏が毎回ゲストを迎えながら紹介している番組があります。

意外に高島政宏も語るし、音楽通のゲストが登場しているので、懐かしいだけじゃなくて楽しんで見ています。

一昨日は、ゲストにマイケル富岡のお姉さんが出ていて、昔から音楽番組ではパーソナリティとして活躍されていたらしいですが、今回その存在を初めて知りました。

ラジオでもHBCで、月曜日から金曜日の夕方に、『BANBAN RADIO』という洋楽番組が放送されています。

こちらは、80年代に特化しているわけではありませんが、80年代の音楽がかなりのウェートを占めています。

80年代の音楽は、打ち込みが始まった頃でもあるし、今聴いてもそれほど古いとは思えませんが、もしかしたら古いと思えないことが「オヤジ」の証拠なのかもしれません。

それでもやはり、このころの音楽を聴くとテンションがあがります。

遅くなりました。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年06月03日(木)

 

私はラジオは、HBC派です。

クルマを運転中は、CDで音楽を聞いているとき以外は、HBCラジオを聴くことが多いですし、ファイターズの野球中継を聴くときもHBCです。

午前中の番組で、『山ちゃん美香の朝ドキッ』というのがありますが、その中でたまに出演している銭湯愛好家でライターでイラストレーターの手塚越子さんという方がいて、おもしろいんです。

とにかく銭湯が大好きで、時間の許す限り入り、一日3軒ハシゴすることもあるとか。

銭湯といえば、ケロリンのおけやコーヒー牛乳といった銭湯ならではのアイテムも思い浮かびますが、そんなものを含めてマニアックな視点が楽しく、銭湯を愛する気持ちが伝わってきます。

レギュラーコーナーを持っている訳ではなく、いつ出演するかわからないので、運がいい時しか聞けません。

たまたま聞いたときは、「北海道の銭湯を慈しむ会」略称H.S.I.を立ち上げられ、今後の銭湯バスツアーの話で盛り上がっていました。

肩書きもユニークですが、その語り口も表現力が独特で、パーソナリティーの山ちゃんや美香ちゃんも笑いっぱなしで、新たな道内スターの誕生を予感させます。

画像は、ファイターズの田中賢介モデルのグラブで、定価は63,000円です。いったい誰が買うのでしょうか?

本格的に野球をやっている人は試合でこんなピンクのグラブはつけられないでしょうし、一般の賢介ファンが買うにしても高過ぎるのではないでしょうか?マーケットリサーチのどのような結果が出て、発売に至ったのかが気になります。

最近エラーが多いから、それが原因で売れなかったりして。

よく見たら受注生産でした。やっぱりね。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924