伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

『Number なでしこ激闘録』

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月12日(金)

先日の日韓戦の興奮も冷め切った今日この頃、待ち時間の間、コンビニで立ち読みをしようとしたら、『Number なでしこ激闘録』が目に入った。

手にとってページを繰ると、巻頭の文章がサッカーライターの金子達仁氏によるものだった。

なでしこが優勝した後、金子達仁は嫌いだけど、氏の書いたコラムが読みたくてスポニチを買いはしたものの、載ってなくて不思議に思ったことがあった。

氏の視点は独特で文章も秀逸、たしかスポニチには連載を持っていたはずで、優勝直後に記事を載せないなんて有り得ない、と思ったが、実は日刊スポーツに活動の場を移したらしいことを後で知った。

満を持して、氏によるなでしこジャパン優勝のエッセイが読めたわけで、満足しただけでなく、ちょっと感動までしてしまった。

日本のメディアが、とかく海外で活躍する日本人選手に甘過ぎることに触れながらも、今回のなでしこジャパンの快挙には、メディアの取り上げ方が少ない、との批判は痛快ですらあった。

さらに、私が選ぶ感動の金メダルベスト3に入るミュンヘンオリンピック男子バレーの準決勝ブルガリア戦を引き合いに出していたのにも驚かされてしまった。

締めくくり方もうま過ぎて、唸ってしまったほど。

結局立ち読みで読み切ってしまったけど、買ってしまった。

さらに今号がスゴイのは、オシムのなでしこジャパンに対する感想メッセージが載せられていたことで、実はオシムの感想もずっと聞きたかった。

他に宮間選手のインタビュー記事もあるし、買いであると思う。

それでもって、なぜ金子達仁が嫌いかというと、八塩圭子の夫だから。。。

ナマ日韓戦

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月10日(水)

行かせていただきました。日韓戦に。

危な気のない試合展開で、香川や本田といった役者が活躍してくれて、最高に楽しめました。

座席もアリーナの最前列から5列目、センターライン付近というすばらしい位置で、テレビではわからないスピードと迫力を思い切り堪能できました。

聞くところによると、ただでさえ入手困難のチケットだったということなので、試合を生で見られただけでもラッキーだというのに最高の席で見られて、本当についています。

きっとテレビを捨てたご褒美として神様が与えてくれたのでしょう。

日本代表の試合が、札幌で観られるなんて、数年に1度しかありませんが、機会があればまた行きたいと思います。

得点を決めた香川や本田はやっぱりスターだと思います。

惜しくも決められなかった李やウッチーは、あと1歩というところでしょう。

試合前には、先日亡くなった松田直樹選手のご冥福を祈って選手や会場中の観客全員で黙とうを捧げました。

日本代表にいた頃から、やんちゃな人間性が好きでした。

心も天気も熱い一日でした。

これで日ハムも勝ってくれていればなあ。。。

under the sky

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月01日(月)

日曜日の日中、麻生球場で少年野球を観ていました。

天気も晴れていて気持ち良かったし、絶好の野球日和でした。

ただ、実際にプレーしている少年たちにとってみれば、暑過ぎたとは思いますが。

以前、このブログにも登場してもらったことのある根室の工務店の社長さんが指導する少年野球チームが予選を勝ち進み、全道大会出場を見事果たした、ということだったので、馳せ参じた次第です。

彼のブログでも、指導への力の入れ方は、かなり熱いものがあったので、その現場をナマで観たかったというのもありました。

試合は、残念ながら1回戦で負けてしまいましたが、随所に惜しいプレーもあり、少年野球でも流れをつかむことの大切さは、確実に存在していると思いました。

普段、野球観戦といえば、札幌ドームでのファイターズの試合しか観ていないので、青空の下での野球がとても新鮮でありました。

週末、ファイターズは、ソフトバンクに3タテを食らってしまい、最悪でした。

まだ1勝2敗ならゲーム差は1しか開かないけれど、3連敗ということになるとまともに3ゲーム開くので、かなり痛いですが、後を引きずらないことを願っています。

この節は、4番の力の差と打てないピッチャーに対するベンチの取り組み方の違いが表われたように見えました。

まだまだ先は長い。

今シーズンはまだ、ドーム行ってないけど。

惻隠の心

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月22日(金)

まだ観ていない方もいると思うので。

エラーが出た場合は、右下の『you tube』をクリックしてね。

宮間は、プレーもシブいけど、人間性も素晴らしい。

アメリカのゴールキーパー、ソロも絶賛しています

なでしこジャパンの経済効果?

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月20日(水)

いまだ、なでしこジャパンの興奮が冷めやらぬ中、8月10日、札幌ドームで男子のサッカー日韓戦があり、誘われています。

なでしこジャパンで盛り上がっているし、男のくせにピンクが好きなので、なでしこジャパンのユニフォームでも着て行こうかな、と思い、ネットで探してみました。

オーセンティック・ジャージの通常価格は1万4、5千円というところで、現在、入手困難らしいということがわかり、ここはいつものヤフオクを覘いてみることにしました。

開始価格も通常価格並でしたが、落札価格は48,000円にもなっていました。

51,000円で現在オークション中のものまであります。

なでしこジャパンの経済効果は1兆円とも3兆円とも云われていますが、これもその中に入るのでしょうか?

当日は、普段着で応援することにします。

一夜明けて

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月18日(月)

今日の気分は、やっぱりこの曲ではないでしょうか?

クルマの中でリピートして聴いていました。

昨日のこのブログで、注目していると云っていた試合は、全部勝ってくれました。

まずは、佑ちゃんが勝利投手になった日ハムのゲームについて。

5回無失点の内容で、そのあとは日ハムが誇る磐石のリリーフ陣の継投によって無失点を守り抜き、1対0で勝ちましたが、思うに、日ハムだから勝利投手になれたと云えます。

つくづく、佑ちゃんにとっても、ベストの球団に入れたものだと思いました。

次に高校野球、母校の岩見沢東高校の北北海道大会の1回戦。

武修館高校相手に3対2で勝ちました。

接戦だったので、きっとピンチの時の『笑顔効果』が実を結んだのではないかと推測しています。

何が歯がゆいといって、北北海道のエリアに移ったのはいいとしても、由仁も岩見沢も南空知で、NHKのラジオ中継が南北海道大会の放送エリアに入っています。お陰で、ラジオの生中継を聴くことができず、ネットの速報でしか知る手立てがありません。

それはそれとして、欲張りませんので、次の準々決勝もなんとか勝って欲しいと思います。

さて、最後になでしこジャパン。

アメリカに得点されるたびに、「もうダメだ。布団で寝よう」と思いました。

それが、二度も得点を返してくらいつき、PK戦に持ち込んだのにはしびれました。

一番印象的だったのは、佐々木監督が円陣を組んだ時に見せた笑顔でした。あのオシムですら、PK戦は見ていられなくてロッカールームに引き下がるという話を聞いたことがあります。

やっぱり笑顔や感謝は、幸せやパワーを呼ぶということなのでしょう。

テレビの街頭インタビューでは、多くの人が「なでしこにパワーをもらった」とか「あきらめない気持ちが大事だ」とか云っていて、たしかに共感はしますが、それと同時に「世界に通用するのは、日本人の場合、男よりも女なんじゃないか」という気もしています。

日本を救うためには、女性が活躍できる機会を増やすことが必要なのかもしれません。

その前に、オレを救ってくれー。

なでしこ、日ハム、岩見沢東

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月17日(日)

今日から明日にかけて、注目している試合が三つあります。

一つはもちろん、女子W杯決勝のなでしこジャパン対アメリカです。

私の心に残る金メダルは、1972年ミュンヘンオリンピックの男子バレーと長野オリンピックのジャンプ団体なんですが、なでしこジャパンが優勝してくれれば、その仲間に入ることは間違いないでしょう。

明日は休みじゃないので、スポーツニュースをはしごすることなく、なるべく早く寝て、目が覚めてからテレビを見ようと思います。

二つ目はもう終わりましたが、佑ちゃん先発のファイターズの試合でした。

不安視されながらも、5回を無得点に抑えて、見事勝利投手になりました。

この勝利でソフトバンクを抜いて首位に立ち、観客数も過去最速で100万人を突破したとか。

今日、中日が負けたことで、セ・リーグは勝ち越しがヤクルトだけで、パ・リーグはソフトバンクと日ハムだけで、全部で3球団しか残っていないというのが、ちょっと異常ですが、日ハムさえ勝てば何も文句はありません。

三つ目は高校野球、母校岩見沢東高校の北北海道大会の1回戦で、今日試合の予定でしたが、雨のため明日に試合が延期されることになりました。

新聞には、ピンチでも笑顔を忘れないことを心がけている、と書かれていたので、なかなかいいチームであるような気がしています。

さて、一つは勝ちましたが、残りの二つはどうなるでしょう。

私の予想は、

2対1でなでしこジャパンが勝つ!!

なでしこジャパン

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年07月10日(日)

朝、目が覚めて新聞が読みたくなり、ロビーに新聞を買いに行くと、W杯女子サッカーの日本対ドイツの試合がテレビで放送されていて、「そういえばやっていたんだ」と思いつつ、画面を見るとなんと1対0で日本が勝っていた。

なでしこジャパンが得点を上げた直後だったらしく、急いで部屋に戻りテレビを点ける。

試合がなかなか終わらず、タイムアップの笛が鳴るまで長くて長くて。

日本がボールを奪っても遠くに蹴るか、タッチラインを割ろうとするだけなので、「これで耐えきれるのか?、もっとパスを回すとかできないのか?」と正直、最悪のタイミングで見始めた気がしてきた。

それでも、なんとかしのぎ切って、長かった約10分間が終わった。

ワールドカップという最高の舞台で、しかもドイツ開催の大アウェー状態で、一度も勝ったことのないW杯二連覇中のドイツに勝てるなんて、とんでもない快挙だ。

準決勝の対戦相手がスウェーデンに決まったが、強敵であることに変わりがないので、簡単に勝てる相手ではないけれど、ここまで来たら、なんとしてもあと2回勝って欲しい。

マブス優勝

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年06月14日(火)

NBAも一度も試合をテレビで見ないうちに、ダラス・マーベリクスがファイナルでマイアミ・ヒートを下して優勝し、今シーズンが終了してしまいました。

たしかに、マブスには身長213センチのセンター並みの身長でありながら、ロングシュートが得意なダーク・ノビツキーというスーパースターがいますが、ヒートの勢いには勝てない気がしていました。

マブスには、地味な印象を持っていましたが、年棒1000万ドル以上のプレーヤーが4人もいて、スーパースターを三人もそろえたヒートを凌いでいます。

また、1000万ドルはもらっていないけれど、往年の名プレーヤーであるジェイソン・キッドもいて、なかなか玄人ウケするチームだったのかもしれません。

今シーズンは、ボストン・セルティクスが誇る三人のスーパースターの高齢化に伴い、セルティクスの凋落が始まってしまった感がありましたが、久しぶりにシカゴ・ブルズがデリック・ローズの活躍によってカンファレンス・ファイナルにまで駒を進めたのは、ちょっと嬉しかった気がします。

来シーズンは、ブルズがヒートに一矢報いて欲しいと思います。

BSが映らないのは、アンテナのせいだろうな。地デジ化になってもBSだけは見られると思っていたけれど、このままじゃ完璧に見れなくなるな。

辞める人といえば。。。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年06月02日(木)

現在、NBAはファイナルの真っ最中です。

マイアミ・ヒートとダラス・マーベリックスとの戦いで、第一戦がすでに終わり、マイアミが一勝を挙げています。

マイアミはシーズン前にFAでスーパースター三人を揃え、鳴り物入りでレギュラー・シーズンに突入しましたが、イースタン・カンファレンスでは結局2位でした。

シカゴ・ブルズがデリック・ローズの活躍により1位になりましたが、プレイオフではマイアミに敗れてしまい、マイケル・ジョーダンがいた頃からのブルズファンである私は惜しい気持ちがしています。

NBAファイナルが行われている中、シャキール・オニールの引退が発表されました。

特にシャックが好きだったわけではありませんが、入団当時はNBAフリークで、シャックの全盛期を知っている私にしてみれば、一抹の淋しさを感ぜざるを得ません。

これで、私がNBAにハマっていた頃に活躍していた選手は、もうほとんど絶滅してしまったみたいです。

と思ったら、なんとファイナルに進出したマイアミのベンチ・スターターにジュワン・ハワードがいました。

昔は、実力に見合わない高額年棒がネックだった選手でしたが、今、その元を取らされているのかな。。。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924