伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

好きな芸人ベスト3による

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年08月23日(月)

以前にも、ちょこっと紹介しましたが、『新潮45』による、立川談志×太田光×ビートたけしの鼎談後編です。

今回は、鼎談の生録CDの付録付きです。

前篇を買い逃した人もこのCDで全容を知ることができます。

もし好きなお笑い芸人を三人上げれ、と言われたら、迷うことなくこの三人の名前を即答すると思います。

CDの中での三人の楽しそうな雰囲気が、またいいです。たけしの談志師匠に対する憧れや太田のたけしと談志師匠対する憧れの気持ちが伝わってきます。談志師匠も最高の聞き手にはさまれて絶好調でしゃべりまくっっています。私にとっては『永久保存版』です。

このCDを聴く限り、入院生活を送っていた談志師匠も元気で、安心しました。

本人は、高座への復活については、体力的なことを理由に否定的みたいですが、この様子なら、復活もありうるかもしれないと期待を持たせてくれます。

この中で太田光が、「2007年のよみうりホールでの談志師匠の『芝浜』」に触れて「終わった後、お客も談志師匠も立てなかった」ことを語っています。

一度だけ札幌で談志師匠の『芝浜』を観たことがありますが、談志師匠がよく言われるようにまさに憑依状態の演技でした。

そのよみうりホールでの伝説の高座はDVDにもなっているので、なんとか観てみようと思います。

弟子の談春の『芝浜』も要チェックで、「出藍の誉」とは言えないと思いますが、いつかナマで見られれば、と思っています。

若手では、ピースが最近好きです。

『人生の言い訳』高田純次

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年03月15日(月)

先日のR-1グランプリ、決勝しか見てませんでしたが、一番笑ったのは、審査員の高田純次のコメントでした。内容は忘れてしまいましたが、例によって適当なことを言ってたと思います。

さて、高田純次の語り下ろしによる『人生の言い訳』、笑いたくて読んでみたのですが、かなり真面目に書いてあるので、笑えるところはほとんどありませんでした。

内容的には、『人生論』みたいな感じです。

かなり本人は『適当男』と呼ばれていることにプレッシャーを感じているようで、「適当男」を卒業して「言い訳男」への転換を計っており、「適当男」の嘆きみたいなことが書かれています。

本人の役割として、いつも「適当」を期待されているわけで、「適当ということを適当に考えてたら適当はできないけれど、かと言って真面目に考えてしまっても、その瞬間に適当じゃなくなる」ってこと。適当を「意識した瞬間に『本当の適当』じゃなくなってしまう」と「言い訳」?しています。でもこれは真理じゃないでしょうか。

この本で言い訳したことにより、プレッシャーから解放されて、さらに「適当男」に磨きをかけて欲しいものです。

今、話を振られた時の受け答えで笑わせてくれるのは、高田純次とアンタッチャブルの山崎ですね。ブラマヨの二人も好きです。

『人生の言い訳』だからまだいいけど、『言い訳の人生』だったら嫌だな。

古い雑誌

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2010年02月09日(火)

高校から浪人、大学、社会人になってからもずーっと木曜深夜には、ビートたけしのオールナイトニッポンを聴いていました。

2時間のカセットテープに録音して、一週間何度も繰り返し聴いたものです。

この雑誌『ラジオマガジン1984年7月号 少年時代の北野武クン』の中身は文字通り、少年時代はもちろん浅草フランス座までの北野武クンについて恐ろしいほど詳しく書かれています。

当時大学生だった私は大学の生協でこの雑誌を立ち読みし、内容のあまりの濃さに一度は買う気になりましたが、ふところと相談してその場はやり過ごし、結局は買いませんでした。350円だったんですけど、後になって、買わなかったことをかなり後悔しました。

この記事について、たけしはその記者の取材力になかば感心し、なかば呆れていたとも言われています。

この二年後、フライデー事件が起こり、軍団を引き連れて講談社を襲撃しています。

実は『フライデー』の記事を書いた記者は、この『ラジオマガジン』の記事を書いた記者でもあったんです。

この雑誌は、そのような曰くつきの雑誌でありました。それにしてもいくら時代の寵児とはいえ、この表紙もスゴイと思いませんか?

この『ラジオマガジン』は数年前にヤフオクで見つけて、安価で落札したものです。

積年の思いを果たせたわけで、これだからヤフオクは止められません。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924